最近流行りのワイヤレスイヤホンの充電器のLEDディスプレイ電池残量表示は必要なのか?

最近、格安ワイヤレスイヤホンの中には充電器のLEDディスプレイ電池残量表示が付いているモノがあります。

どんなモノかと言えば、


こういう感じですよね。LEDで表示されているものでひと目で電池残量が分かるようになっていて便利と言えば便利です。

普通の充電器ですと、
こちらはAirPods Proなのですが緑色の小さいが光っているのが分かるでしょうか?これが電池残量表示です。

の光がになると充電器の電池が減っているお知らせです(※イヤホンが入ってない時)。

Appleはスマホで電池が何%残っているか見られます。

Appleでさえそうですからで表示するのがワイヤレスイヤホンの充電器では普通の形式です。

というように4つくらい並んでいて電池残量表示するタイプがあるものの数字じゃないので分かりにくいと言えば分かりにくいですね。

実際に使う場合にワイヤレスイヤホンの充電器のLEDディスプレイ電池残量表示は必要なのか?

このLEDディスプレイ電池残量表示(この数字のヤツです)が実際に使う場合に必要なのか?と言えば「余り必要ではない」です。

え?あった方が便利じゃん、ひと目で分かるよ

うーん、でも充電器の電池ってそんなに切れないものなんだよね。2~3時間イヤホンを使ったとする。それでイヤホンの電池は余り減らないし、充電しても充電器の電池も減らない。大事なのはイヤホン本体の電池だよ。

だから充電器の電池残量表示って実は余り意味がないんだよね…。

80%になっているとか見られて便利だけどな~

常に100%にしていたいという人には便利かもしれないけど実用面ではそんなに必要ではないと思う。充電器はイヤホンをある程度使ったらすぐ満充電するし。これは何て言うか鑑賞用だね。見て楽しいみたいな。

僕は見て分かるのが良いな~

充電器のLEDディスプレイ電池残量表示は格安イヤホンの差別化だと思う

結局実用面ではそんなに必要があるとは思えない充電器のLEDディスプレイ電池残量表示は格安イヤホンの差別化なんだと思います。

\こちらが今、1番人気です、Ennice/

EnniceはAmazonの売れ筋ランキングで全体でもトップ5に入る人気商品です。いつもいます。

【その他の似たような格安イヤホン】

やはり商品を売るには何らかの違いを出さないといけません。

普通の充電器は数字でディスプレイで充電器の電池表示はないのでそれはそれで便利機能かもしれませんね。

大事なことはイヤホン本体の電池残量をアプリで見られるか?

最も重要なことはイヤホン本体の電池表示だと私は思います。

赤丸で囲んだ部分がアプリでのイヤホン本体の電池残量表示(※AVIOT TE-D01t)

それをアプリで確認できるタイプの方が絶対に良いです。

イヤホンを使っていてあとどれくらい電池があるのか?というのは長時間使っているケースでは非常に気になるところなんです。

アプリ対応している機種ですと今使っているイヤホン本体の電池残量を数字で表示できるのでそういったタイプのイヤホンがオススメです。

まあそこそこのワイヤレスイヤホンならほぼ専用アプリがあっていろいろアプリから操作ができますしイヤホン本体の電池残量が確認できます。

格安イヤホンは専用アプリ無さそうなモノが多いのでその辺はどうかな?といったところです。充電器の本体の電池残量は正直どうでもいいことですね…。

↓私は4,000~5,000円のワイヤレスイヤホンが最もコスパ高い商品だと思います↓

4,000~5,000円くらいのコスパの良い完全ワイヤレスイヤホン特集
最近の傾向ですがコスパが良い完全ワイヤレスイヤホンですと4,000~5,000円くらいが最も安い価格帯と考えられます。 コレ以下のワイヤレスイヤホンですと低品質で実用に耐えない部分が出てきますし、このくらいの価格が最低ラインかなという...

コメント

タイトルとURLをコピーしました