SONY WF-C700NとLinkBuds Sの違いについてのまとめ※スペック表あり

今回は23年4月21日に発売されたばかりの新モデルSONY WF-C700NSONY LinkBuds Sとの違いについてまとめてみました!

まずは表でスペックの違いをごらんになって下さい。

基本仕様 比較
項目 WF-C700N LinkBuds S
発売日 2023年4月21日 2022年6月3日
定価(SONYストア)税込 ¥17,600 ¥26,400
ノイズキャンセリング
外音取り込み
重量(片耳) 4.6g 4.8g
連続再生時間(イヤホン単体) NCオン7.5時間、NCオフ10時間 NCオン6時間、NCオフ9時間
充電USBポート USB Type-C USB Type-C
防水規格 IPX4相当 IPX4相当
Bluetooth version Ver.5.2 Ver.5.2
Bluetooth対応コーデック SBC, AAC SBC, AAC, LDAC
DSEE DSEE対応 DSEE対応
Bluetooth対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP, HSP
製造・販売元 ソニー 日本 ソニー 日本

どうでしょう?表だけじゃ分かりにくい!という方に向けて以下より違いをまとめます。

SONY WF-C700NとSONY LinkBuds Sの違いについてまとめます

主な違いはWF-C700NはエントリーモデルでLinkBuds Sは中間モデルで価格が示す通り、WF-C700Nは比較的安く購入できてシンプルな内容です。必要最低限です。
LinkBuds Sは高機能でちょっとお高い。

■SONY WF-C700N

WF-C700Nの価格は¥17,600です。WF-C700NはSONYではエントリーモデルの位置付けで「エントリーモデル初のアクティブノイズキャンセリング仕様のワイヤレスイヤホン」と言われています。

ノイキャンONでも7.5時間のバッテリーが持つ比較的ロングな電池持ちで、これはLDAC非対応であるために電池持ちが長めということも裏腹として言えるでしょう。

エントリーモデルなので全体的には必要最低限なスペックです。

■SONY LinkBuds S

LinkBuds Sはソニーのワイヤレスイヤホンでは中間的なスペック価格帯のイヤホンです。立ち位置としてはやや中途半端で価格は¥26,400とまあまあ高いです。

WF-C700Nと比較すると”ソニー完全ワイヤレス史上最高の外音取り込みによる「ながら聴き」と高性能ノイキャンによる「没入」を両立”などやや分かりにくい高機能が付いていてもしかすると多くのユーザーは使わない機能がSONY LinkBuds Sには多いかもしれません。

「LinkBuds Sじゃないと駄目」な理由が見つかりにくくコレを買うならWF-1000XM4の方が…というのが正直なところです。

私ならSONY WF-C700Nを買う!

私が今買うならSONY WF-C700Nを買います。

だって新しいでしょ?😯

あとは価格が安いのも魅力的です。

現時点では(価格は変動的です)14,000円~15,000円くらいが最安値です。

SONYでノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホンがこの価格ならお値打ち品ですね、お世辞抜きで。

ですから今ノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンを持っていなくて欲しいなと思う方には断然このモデルが良いんじゃないか?と言えます。

安心SONY品質でしかも安い。コレは良いね。

PR Amazon Musicが30日間無料で音楽聴き放題

Amazon Music Unlimitedが1か月無料!!

Dolby Atmos(Apple対応)と360 Reality Audio(SONY対応)が聞けるので試すチャンスだね。

まあ1ヶ月無料だし試すなら有りかなあ

WF-C700N
スポンサードリンク
ノイキャン!をフォローする
ノイキャン!

コメント

タイトルとURLをコピーしました