LinkBuds S WF-LS900Nは他のソニーイヤホンと何が違うのか?※種類が多すぎ…

LinkBuds S WF-LS900Nは2022年6月3日に発売されるソニーの最も新しいノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンです。

ソニーからLinkBuds S(WF-LS900N)が発売されるね!

んーでもこの前LinkBuds(WF-L900)っていう穴の空いたイヤホンが発売されたばかりじゃん。違いがさっぱり…😿(名前が同じだし)

確かに名前もほぼ同じだね。LinkBudsシリーズは軽量ワイヤレスイヤホンっていうイメージで良いと思う。ソニーの一番人気のWF-1000XM4がバッテリーが大きくて結構重めだからね。

LinkBuds(WF-L900)との違いは??

■LinkBuds S(WF-LS900N)はノイズキャンセリング付き+ハイレゾ対応の軽量イヤホン(4.8g)。

■LinkBuds(WF-L900)はノイキャン無しでハイレゾ非対応。ただ周囲の音を取り込めるタイプだよ。こちらは更に軽量で片耳4.1gくらいだね。

うーん、何となく分かったけどまだ分かんないや😽

頑張って説明したんだけどなぁ…

LinkBuds S (WF-LS900N)のスペックと補足

LinkBuds S 基本仕様
発売日 2022年6月3日
ノイズキャンセリング
外音取り込み
重量(片耳) 4.8g
連続再生時間(イヤホン単体) NCオン6時間、NCオフ9時間
最大再生時間(+ケース) イヤホン6h+ケース14h=20時間
充電USBポート USB Type-C
防水規格 IPX4
Bluetooth version Ver.5.2
Bluetooth対応コーデック SBC, AAC, LDAC(ハイレゾ対応)
Bluetooth対応プロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
製造・販売元 ソニー 日本

LinkBuds S (WF-LS900N)はソニーのハイレゾ対応、ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンです。

他のソニーワイヤレスイヤホンとの違いは軽量設計にこだわった作りとなっていて「付け心地が良く軽くて負担が少ない」といった仕様になります。

その代わりややノイキャン使用時の音楽の連続再生時間が最大6時間と短くなってしまうのがデメリットでしょう。

これは軽量設計にするために小さいバッテリーを搭載したためと考えて良いと思います。

※ただWF-1000XM4でもノイキャン使用時は最大8時間となっていてそんなに大きい差ではありません。

売りとしては「ノイズキャンセリングとハイレゾ対応で世界最小・最軽量」となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました