Jabra Elite Active 75tとJabra Elite 75tの違いを分かりやすく解説してみた

Jabra Elite Active 75tJabra Elite 75tの違いって一体何なの?

3点の違いがあるよ。

①Active 75tは防水、防塵、耐汗(IP57)で75tは防塵防水設計(IP55)

②カラーバリエーションと塗装の違い

③音が少し違う(かも??)

このくらいかな。価格は3000円前後Activeの方が高いよ。

 

ただ音の違いは個人差が有って音質の基本仕様は全く同じだよ。

★違いについて以下より詳細に解説していきます。

①Active 75tは防水、防塵、耐汗(IP57)で75tは防塵防水設計(IP55)

まずIP規格についてはこちらを参照して下さい。

IP54とは? - 防水規格 IP表記とIPコードの見方について解説
電気機械器具の外郭による保護等級のIP54について解説 - IPX, IPX4, IPX5,IP67, IPX7, IPX8, IP68

■Jabra Elite Active 75tは防水、防塵、耐汗(IP57)です。

IP57とは?

・塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない(防塵)

・一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない(防水)


■Jabra Elite 75tは防塵防水設計(IP55

IP55とは?

・塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない(防塵)

・あらゆる方向からのノズルによる噴流水機器が影響を受けない(防水)

つまりJabra Elite Active 75tとJabra Elite 75tとでは防水の規格が違うだけとなります。

※防塵は一緒なのです

Jabra Elite Active 75tは水中に万一落としてしまってもまあ大丈夫という規格(30分程度水に浸しても大丈夫なレベル)。

一方、Jabra Elite 75tの方は雨に降られてちょっと濡れてもまあ大丈夫という規格であることが言えるでしょう。

②カラーバリエーションと塗装の違い

カラーバリエーションや塗装の違いは現物を見た方が良いのですが一応ネット上でも見られます。

【Jabra Elite Active 75】

カッパーブラック グレー ミント

ネイビー シエナコーラル


【Jabra Elite 75t】

ブラック ゴールドベージュ チタニウム


Jabra Elite Active 75tの方がカラーバリエーションが多く、欲しいなと思うカラーが多いのが特徴です。

塗装の感じもJabra Elite Active 75tの方が質感が高く所有感が高いのは間違いなくJabra Elite Active 75tの方です!

③音が少し違う(かも??)

かも??ということでここは公式見解でもなんでもなくそういう感想の方がいらっしゃるということです。

『Elite Active 75t との違い』 Jabra Elite 75t のクチコミ掲示板
■最安価格(税込):11,484円 ■店頭参考価格帯:11,484円〜12,760円 ■価格.com売れ筋ランキング:6位 ■満足度レビュー:4.48(28人) ■クチコミ:291件 (※10月14日時点)

何とJabra Elite Active 75tとJabra Elite 75tの両機持ちの方がいらっしゃるということで驚き😮

前述の通りこの両機には防水性の違いがあります。

そういったことで「多分防水防塵性能の違いで、シーリングの差から来るものだと思いますよ。」という実際聞いてみた感じで違いがあるようです。

きっと両機を持っている方なので微細な差が感じられたことなんでしょう。

耳が良い人でないとこういった違いは気付きにくいとは言え低音域が強い方が良い場合はJabra Elite Active 75tの方が良いかもしれません。

ただ公式見解としては音質の違いはなくスペック上の数値等の違いはありませんので一般的に考えると中身が同じ製品であると考えた方が良さそうですね。

でも実際の感覚って大事だよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました